• トップ

旅行をキャンセルするタイミング

観光旅行をキャンセルするには

旅行会社への早めの連絡がカギ

旅行代理店を通じて観光のためのパッケージツアーなどの申し込みをした後、家庭や仕事の都合で日程が合わず、予約をキャンセルしなければならない場合があります。このような場合には、約款にもとづく所定の手続きが決められていますので、何もせずにそのまま旅行に参加しなかった場合には、代金の全額をキャンセル料として徴収されてしまい、まったく返戻金が得られない可能性があります。会社によって手続きには違いがあることもありますが、一般的には、電話やホームページ内の専用フォームなどの確実な方法で、事前に連絡をすることが必要であり、しかも、その連絡をした日が催行日の何日前にあたっているかによって、キャンセル料の金額も変わります。これは、パッケージツアーの場合には、観光バスや宿泊の手配などのさまざまな準備が必要であることから、催行日直前にキャンセルの申し出を受けても、変更が間に合わず、旅行会社に損害が生じる可能性があるためです。十分に日数があれば、まったくキャンセル料がかからない場合もありますし、たとえ当日であったとしても、観光バスが集合場所から出発をする前の時刻であれば、正規の代金の半分程度の金額で済むことが多いため、できるだけ早めに連絡をすることがカギとなります。

旅行の基礎情報

新着情報

↑PAGE TOP